ハード整体での苦い思い出

ハード整体での苦い思い出

体のゆがみがひどく、体の節々まで痛くなったことがありました。

当時、運動部に属していたため、即効性のある整体をさがしていたところ、大学近くにある整体診療所のハード整体に行くことにしました。

ゆがみの度合いから、背骨や腰、骨盤がゆがんでいることがわかり早速整体による治療が開始されました。

先生の整体のスピードは音を鳴らしていく整体で、力を抜いた途端に首を曲げ、腰を曲げ、膝を曲げたりとスピーディーに進み、その場ではすっきりした気持ちになりました。

ところが、自宅に帰ってから次第に体がすっきりするどころか、痛くなってきました。

特に筋が違ったと言いますか、コリと張りが出てきてしまい、翌朝には体のだるさで起きれないくらいになり、その日は1日中すっきりせず、自宅でゆっくりする羽目となりました。

いろいろ考えてみると、ハード整体により体がおかしくなった気がします。よほど刺激が強かったのでしょう。

整体については個人差があります。

ハード整体の方が体に適している方もたくさんいらっしゃると思いますが、私の場合はゆっくりと筋を伸ばしながら歪みを解消する治療方法(ソフト整体)があっていることを改めて感じました。

自分にあった整体を見つけることは非常に重要であると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加