交通事故によるむちうちで整骨院に通い続けた苦い思い出

交通事故によるむちうちで整骨院に通い続けた苦い思い出

4年前の夏休み、家族みんなで私の実家に帰省した時に起こりました。

私と母、子供2人で買い物に行き、その帰りに母の運転する車が追突事故に遭いました。

私と主人、下の子は後部座席、上の子は助手席に座っていました。

私は後部座席の左側に座っていたのですが信号待ちをしていた母の車に後ろから来た車が追突したのです。

実家から戻り1週間が経ち、朝起きて首を右に曲げたら右の肩甲骨に痛みが走りました。

その時は寝違えたのかと思ったのですが、1週間前に追突事故に遭っているので評判の良い整骨院を探して、通うことにしました。

問診の結果、むちうちと診断され、むちうちはきちんと治るまで治療しないとお年寄りになった時に再び痛みが出ますと言われたので、その日から頻繁に通院することになりました。

私が行った治療はむちうちに特化した専門の治療でした。

そのリバビリに毎日通っても完全に治るまでは2ヶ月ほど掛かりました。

リバビリを始めた頃はその時は良くなっても夕方になると痛くなり、その時は下の子も小さかったので遊び相手になったり家事をする事が本当に辛かったです。

途中心が折れそうになったのですが、家族が励ましてくれたり、リバビリに行くとそこのスタッフの方から優しい言葉を掛けていただき何度も何度も励ましてくれたので何とか半年間頑張る事が出来ました。

ロキソニンの湿布を毎日貼っていたのでそこの場所が痒くなり夏の間は本当に辛かったです。

しかし、医師の助言をしっかりと守って毎日リバビリを頑張ったので4年経った今でも右肩甲骨付近は痛くなっていません。

むちうちと言うのは、交通事故に遭ってから直ぐに起きる訳ではないので、万が一交通事故の被害に遭った方や事故を起こしてしまった人も少しでも方や背中に痛みを感じたらそれは明らかにむちうちの症状だと思うので、直ぐに整骨院を受診する事をお勧めします。

本当にむちうちを放っておくと将来の自分の生活が辛くなります。

交通事故によるむちうちには交通事故治療の専門の整骨院で施術やリハビリを受けるべきだと実感しました。

そして私は交通事故に遭ってから自分が運転する時は特に気をつけるようになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加