接骨院と整形外科、どちらに行くべきか?

接骨院と整形外科、どちらに行くべきか?

病院の厨房にて食事作りの肉体労働をしていたので、手指、手首、膝、腰の疲れと痛みがひどく、帰宅途中に接骨院に毎日かかっていました。

そこでは、赤外線で温め、ウオーターベッドらしきのマッサージ器にかかった後、電気を流し(ぴくぴくするやつ)そのあと、先生が手でマッサージしてくれました。

このマッサージの気持ちのいいこと。

毎日、治療してもらった直後はとっても体が軽くて痛みも緩和されるのですが、1時間から2時間で、すぐ効果が薄れてしまいました。

そんなことを数か月続けていたら、ある日膝が急にひどく痛くなって、ついに整形外科に行きました。

膝に水が溜まっていると、水を注射器で抜いてくれました。

整形外科では、接骨院ではレントゲンも取れないし、原因究明もできないしだめだと叱られてしまいました。

腰はレントゲンを撮り、脊髄の何番目かが、隙間が狭く年相応にヘルニア気味だとのことでした。

飲み薬をくれて、あとはリハビリしていきなさいとのことでしたが、腑に落ちないのが、このリハビリが接骨院でやっていたのと変わりないことでした。

接骨院ではだめだといいつつ、同じ治療をやっているわけです。

薬を飲みながらだと効くのでしょうか?

もう誰も信じたらいいのか分かりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加