接骨院に行ってよかったこと

接骨院に行ってよかったこと

僕は、現在26歳ですが、22歳頃から整骨院に通い始めました。

通い始めた理由は、吐き気や首筋に何か違和感を感じたからです。

原因は分からず、何をどうしたらいいのかという状況が続いてる時に、母親の助言により、整骨院に行き始めるようになりました。

始めの頃は施術した後、痛みが増しているように感じ、施術後は眠たくなり、寝たりしていました。

寝た後、起きたら、ものすごく気持ちが良いことが多かったです。

何ヶ月か通い治ったと思ったので通うのをやめたら、痛みが再発したため、通い始めるようになりました。

肩甲骨の動きが鈍くなっているとのことでした。

肩甲骨の動きが悪くなっているため、頭が痛くなったり、吐き気がしたりすることも多くなりました。

原因はわからなかったけれど、ストレスなどによる、自律神経失調症ではないかのことでした。

施術だけではなく、電気治療や鍼治療もするようになりました。

鍼治療をすると、肩甲骨の動きが良くなり、頭が痛くなったり、吐き気がしたりするなどのことが少なくなりました。

また、僕は競馬が好きで、施術してくれる人と競馬の話をして盛り上がることによって、ストレス解消になり、自律神経失調症が治ったと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加