骨盤矯正の必要性とは?

骨盤矯正の必要性とは?

骨盤矯正と言う言葉が普通に使われるようになってから、結構時間が経ちました。

でも一体、骨盤と言うものは矯正しなければいけないくらいに歪んでしまうのでしょうか、ごく普通に生活しているだけで歪みが出てしまうのでしょうか。

そして歪んでしまった場合、どんなマイナス点があるのでしょうか。

骨盤と言うのは身体の中心にある、最も大きな骨です。

この骨は上半身と下半身の真ん中にある骨ですので、ここに異常が出ると上半身下半身どちらにも影響が出てしますのです。

人間というものは元々、身体の顔も左右対称には出来ていません。

元々何らかの歪みがある身体をしています、しかも生活していく上での身体の使い方の癖、例えばいつも右足から踏み出す、荷物は何時も左手で持つ、などと言うちょっとした癖が日々重なって段々左右の差が大きくなっていくわけです。

右腕と左腕の太さが違うくらいならともかく、肩の位置が崩れるところまできていたら健康上も問題が出てきます、勿論骨盤も歪んできます。

それとは逆に、脚を組むのが癖になっていたり片足に寄りかかって立つのが癖になっている場合、骨盤が歪んで背骨まで影響することもあるのです。

鶏と卵の関係ですが、どちらにせよ骨の歪みを引き起こすことに間違いはありません。

骨が歪めば、筋肉も歪みます。特に普段運動をしない人の場合、筋肉も弱ってきますので歪みはひどくなってきます。

そのための筋肉痛くらいで済めばまだよろしいのですが、それに引きずられて内臓にまで影響が出ることも無いとは言えません。

ここで、骨盤の矯正をかけて少しでも元の位置に戻すことが出来れば、その危険性も減るわけです。

骨盤の歪みは究極まで達すると、歩けないことにまで行くこともあります、また前述しましたように内臓の不調も呼び起こします。

症状がひどくなる前に骨盤矯正の優れた整骨院で早めに施術を受けることで、これらの不調を寸止めしたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加